マンチカンのブリーダー|子猫の販売・画像・性格

マンチカンの子猫特集

猫を選ぶポイント

マンチカン(No.695)
ラグドール(No.695)
H26/05/01生まれ(男の子)
毛色:ブラウンタビー
お渡しはワクチン接種後、生後2ヶ月以降から可。※新しい猫ちゃん掲載時の、お知らせご希望の場合はこちらから登録お願い致します。
マンチカン(No.652)
マンチカン(No.652)
H24/07/28生まれ(女の子)
毛色:ブラウンパッチドタビー
見学・お渡しはワクチン接種後、生後2ヶ月以降から可。毛量豊富なモコモコロングヘアーの短足マンチカンです。後日動画を追加します。※新しい猫ちゃん掲載時の、お知らせご希望の場合はこちらから登録お願い致します。
マンチカン(No.651)
マンチカン(No.651)
H24/07/28生まれ(女の子)
毛色:ブラウンパッチドタビー
見学・お渡しはワクチン接種後、生後2ヶ月以降から可。毛量豊富なモコモコロングヘアーの短足マンチカンです。頭に黄色い毛がある子です。後日動画を追加します。※新しい猫ちゃん掲載時の、お知らせご希望の場合はこちらから登録お願い致します。
マンチカン(No.641)
マンチカン(No.641)
H24/05/26生まれ(女の子)
毛色:シルバーパッチドタビー&ホワイト
見学・お渡しはワクチン接種後、生後2ヶ月以降から可。モコモコのロングヘアーの短足マンチカンです。大人しそうにみえますが、好奇心旺盛で走り回っています。※新しい猫ちゃん掲載時の、お知らせご希望の場合はこちらから登録お願い致します。
マンチカン(No.622)
マンチカン(No.622)
H24/03/20生まれ(男の子)
毛色:レッドタビー
見学・お渡しはワクチン接種後、生後2ヶ月以降から可。ロングヘアーの短足マンチカンです。お腹が床に着きそうです。マンチカンらしい陽気な性格の子です。※新しい猫ちゃん掲載時の、お知らせご希望の場合はこちらから登録お願い致します。
マンチカンについて】
マンチカンの原産はアメリカです。マンチカンと言う猫種自体は公認されてからまだ間もないものの、1940年代から短足の猫は発見されていました。
そして1980年代、アメリカで本格的に繁殖計画が進められて、1990年代に新種猫マンチカンとして公認されました。マンチカンの短足遺伝子は優性遺伝子です。犬のダックスフンドなどとの遺伝子とは異なります。短足遺伝子は脊髄に影響をもたらすと言う報告がある為、マンチカンの交配には十分な知識が必要となります。
健康な固体であれば、この四肢の短さが日常生活に支障を及ぼすことはありません。マンチカンの毛の長さにはバリエーションがあり、短毛から長毛まで認められ、さらに全ての毛色が認められています。性格はとても陽気でとても懐っこい子が多いです。
マンチカンは後ろ足で立つ事がよくあります。イギリスでは、カンガルーキャットとう別名を持っているそうです。子猫は仰向けになって寝る事もあります。

原産国 : アメリカ
誕生年 : 1990年代
毛の長さ : 短毛から長毛
頭の形 : 丸みを帯びた三角形
鼻の形 : 中くらいの長さ
眼の形 : 大きなクルミ型
体系 : セミフォーリン 筋肉が発達している
脚 : 短い
毛色 : 全ての毛色が公認されている
性格 : 陽気な子が多い

マンチカンの歩き方はとってもユニークです。お尻を振りながら歩く事が多いです。日々のお手入れは、短毛ならたくさん撫でて下さい。長毛ならしっかりブラッシングをしてあげて下さい。
マンチカンは長足もいます。長足マンチカンも短毛から長毛まで、そして全ての毛色が認められます。マンチカンの交配方法等、ホームページで紹介していますので、そちらも参考にして下さい。

子猫を探す

メールでのお問合せはこちら