ホーム > 猫の飼い方一覧 > 何を食べさせたらいいの?

猫の飼い方一覧

何を食べさせたらいいの?

私の考える、もっとも良いキャットフードは“入手しやすいキャットフード(総合栄養食)”です。
一部のブリーダーやペットショップなどでは、いかにも珍しいフード、を薦める事がありますが、いかにも珍しいフードは入手が困難です。
なぜブリーダーがいかにも珍しいフードを薦めてくるのか?これは、私の猫は特別なの。とでも言いたいのでしょう。ペットショップがなぜ薦めるのか?珍しいフードなら、自分のお店でしか買えないからでしょう。
飼い主様が注意していても、たまにはフードを切らしてしまう事もあるかもしれません。
販売しているペットショップが遠方だったり、通信販売で発注しても到着までに時間がかかってしまいます。
そんな時、入手しにくいフードでは困ります。
フードを切らしたからといって、別のフードに急に切り替えたりすると、猫はいとも簡単に下痢をします。
最寄のドラッグストアーや、ホームセンターなどで購入出来るなど、入手しやすい総合栄養食を与える事が、猫にとっても一番良い食事だと思います。
総合栄養食とは、水といっしょに与えるだけで、健康維持出来るフードです。理想的な栄養バランスに調整されています。

猫の味覚は、子猫の時に決まります。
子猫の時に人間の食べ物を与えてしまうと、生涯人間の食べ物を欲しがる猫になります。
反面、子猫の時に人間の食べ物を与えないと、その猫は人間の食べ物は口にはしません。
また、子猫の時に缶詰を与え続けると、大人になっても缶詰を欲しがります。
子猫の時にドライフードメインで育てられた猫は大人になっても缶詰を食べない猫になります。
柔らかいフードを与えすぎると、歯石等が原因で口の中の病気にかかりやすいです。
やはりドライフードメインの食事が良いと思います。
本来猫は、ねずみ等の獲物の骨をも砕き食べてしまいます。
実は硬い食感を好む動物でもあるのです。

メールでのお問合せはこちら